審査に通りやすい銀行の住宅ローンとは?

有名メガバンクなどはいろんな商品を提供していて住宅ローンも充実していますが、審査が厳しくかなりの収入がある人でないと落とされる確立がどうしても高くなってしまいます。
このため、地方にある銀行などのほうが審査が緩くなりますが、それでも有名な地方銀行は厳しいものがあります。
より親身になってくれ通りやすい銀行は、信用金庫など密着型銀行となります。
近くに地域密着型がない場合には、借りる本人が口座を持っている銀行も比較的住宅ローンのを借りやすいです。
それは、預金残高の把握が出来たり、安定的な収入があったりするかなどが口座の記録から判断が出来るためです。
その口座に頭金に利用出来るだけの預金もあって、安定的な収入があることも証明できれば、落とされる心配は極端に少なくなります。
しかし、別なローンの引き落としなどが口座からされていると断られてしまうことも多くなるので、住宅ローンの審査を受ける前に完済しておいたほうがリスクが少なくなって、銀行も貸しやすくなります。